前へ
次へ

一戸建ては憧れの対象の一つです。
ただ、実際に住むことを考えると自己管理が重要と言えます。
特に実家がマンションであった私にとっては全てが初めてのことだらけで戸惑ったことを記憶しています。
そのひとつが家の管理です。
マンションであれば管理費や修繕積立金を支払って、大規模修繕のときに使用します。
また、管理費を支払うことで共用部分のメンテナンスを依頼しています。
一戸建てではこれらをすべて自分自身で計画していく必要があります。
もちろん修繕しないという選択肢もありますが、長期間住むことを考える、あるいは急に朱然が必要なケースに備えて準備しておくことは大事と言えます。
長期的な視点で見ながら経済状況を考えて予算を考えていく必要があると思いました。
一方で、経年による老朽化は避けられませんが、住み方によっては修繕が不要なことも珍しくないので、どのような生活をしていくかということも考えておくことが大事であると言えます。

一戸建てを購入するときに考えること

Page Top