前へ
次へ

一戸建て住宅を購入した時には当然登記をするということになります。
この登記があってこそ、その一戸建て住宅が自分のものであるということの証明になるわけですがお金を借りて購入した場合はまるまる全て登記で所有権が認められるわけではないです。
抵当権というのがつけられることになるでしょう。
抵当権が入るということはその支払いがうまくいかなかった場合には権利として債権者に住宅を持って行かれるということになります。
但し、例えば残りの金額が500万円だとして住宅が1千万円で売却できた場合には500万円は返って来ることになります。
ただし住宅というのは基本的に価値が下がるということになりますので一戸建てを購入した時の金額よりも売る時は安くなってしまうので大抵の場合得をするというようなことではないです。
ですから、家を買うときにはしっかりと返済できるような金額の住宅ローンを組むようにしましょう。
それがベストになるでしょう。

一戸建てを購入するときに考えること

Page Top