前へ
次へ

二世帯住宅の一戸建ての中には、自宅内において世帯同士で行き来できる様に建てるでしょう。
将来を考えれば、完全に分けて、アパートの様な構造にしておくのもポイントです。
二世帯と言っても、必ずその状況が、将来に渡って続くとは限りません。
もしかすれば、子供が転勤で、二世帯住宅の一戸建てから離れてしまう可能性もあるでしょう。
分けて建てていれば、そこを第三者に貸し出し、賃貸収入を得られる場合もあるはずです。
両親が他界した場合も同じく、二世帯住宅の一戸建てにおいて、貸し出し、賃貸収入を得られるでしょう。
基本料金が重なりますが、将来、賃貸で貸し出すことを考えるのであれば、二世帯住宅の一戸建てを建てる際、電気やガスのメーターは分けておくのも大切です。
身内同士が住む際にあたっては、騒音は、気にならない場合もあるかもしれませんが、賃貸を考え、防音対策をしっかりと行っておきましょう。
外観に対して、借り手が現れやすい姿にしておくのもお勧めです。

一戸建てを購入するときに考えること

Page Top